スポンサーサイト はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

しんのすけ「………………………」 はてなブックマーク - しんのすけ「………………………」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:15:20.54 ID:lMa+hETH0
風間「うわぁキメェwwww何こっち見てんだよwwww」

しんのすけ「……………」

マサオ「昔みてぇにケツ出せよwwww」

ヌギッ

マサオ「うわぁ本当に脱ぎやがったマジキメェwwww」

しんのすけ「…………ウッ…」

ボーちゃん「気持ち悪いから泣くなよ」


小学6年生になり
しんのすけは虐められていた
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:17:28.59 ID:lMa+hETH0
しんのすけ「……なんでそんな事言うの?…オラ達友達のはずだぞ…」


風間「お前を友達と思った事なんて一度もねえよwwww」


マサオ「何!?w友達だと思ってたの!?wwwマジパネエwwww」


しんのすけ「幼稚園の時はあんなに仲良く遊んでたのに…」


ボーちゃん「遊んでやってたんだよ屑」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:19:24.14 ID:lMa+hETH0
しんのすけ「………………………」


風間「うわぁまた泣き出したよ………」


マサオ「泣いたら仲良くしてくれるとでも思ってんの?wwww」


ボーちゃん「泣くな気持ち悪い」


キーンコーンカーンコーン


風間「チャイムなったから教室戻ろうぜ」


マサオ「体育かwwマジテンション上がるわwwww」


ボーちゃん「体育館行こう」

3人は体育館に向かった


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:24:27.66 ID:lMa+hETH0
先生「今日の体育はこれで終わりだ。教室戻ったら掃除して下校だぞ」

マサオ「掃除とかめんどくせぇwwww」

風間「だなwwとりあえず学校終わったら俺んちでゲームしようぜwwww」


ボーちゃん「教室戻ろう」


しんのすけも追うように教室へ戻る


掃除が始まる

マサオ「野球しようぜwwwwwwww」


風間「おっ!いいね!!」


マサオ「なんかボールのかわりになる物ねえかな?」


ボーちゃん「しんのすけのノート」

風間「ナイスアイデアボーちゃんww」

マサオ「オイしんのすけ、ノートよこせ)


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 07:25:18.39 ID:hx9viMLc0
だめだ全部脳内再生されるwwwwwwwwww  朝っぱらからやめてくれwwww


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:26:28.32 ID:lMa+hETH0
しんのすけ「オ、オラのノート?…………」


マサオ「当たり前だろ。いいから早くよこせ」


しんのすけ「わ、分かったぞ。好きなだけ使っていいぞ」

苦笑いをするしんのすけ


マサオ「よーし。風間、ボーちゃん。始めようぜ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:28:22.21 ID:lMa+hETH0
しんのすけのノートを丸めて作ったボールを投げる風間

バシッ


ボーちゃん「マサオ君ナイス当たり」


マサオ「あっ!!やべぇ外に出ちまったよ」


風間「下まで行くのメンドイな」


マサオ「しんのすけ。外に出たボール取りに行ってこいよ」


しんのすけ「なんでオラが……取りに行かなくちゃ行けないんだぞ………」


マサオ「あ?てめぇのノートだろうが。てめぇが取り行けよ」


しんのすけ「分かったぞ…………」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:29:42.92 ID:lMa+hETH0
外に出、ボールを拾うしんのすけ


しんのすけ「なんでオラばっかり…こんな目に合わなきゃいけないんだぞ……………」


しんのすけは泣き出してしまった
とても辛かった


キーンコーンカーンコーン

チャイムがなった
清掃終了の合図だ
しんのすけ「…………」
涙を拭いて教室に戻る


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:32:14.75 ID:l4g6Vo1dO
ネネちゃん出せこのやろ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:32:20.01 ID:lMa+hETH0
しんのすけ「…ボール…拾ってきたよ……」

風間「じゃあ捨てといて」

ガラガラ

先生「みんな席について」

みんな席につく

先生「…日直さん」


日直「起立、礼、さようなら」


マサオ「やっと終わったぜ」

風間「俺んちでゲームしようぜwwww」

マサオ「うはwwww良いなwwwwwwww今から行こうぜ」

ボーちゃん「行こう行こう」


しんのすけ「……オ…ラも………、風間君ち………行きたい……ぞ…」

勇気を振り絞り話をかける


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:33:51.89 ID:lMa+hETH0
風間「お前にやらせるゲームなんてねーよwwwwwww」


マサオ「いや、お前も風間んちこいよ」


しんのすけ「い、いいの!?」


風間「マサオ!?」

マサオ「まぁ待てよ風間。しんのすけ、そのかわりカバン持ちしろよ」


しんのすけ「うん……いいよ!!」

ボーちゃん「ホラ早く持て」

しんのすけの嬉しかった
やっと三人と友達になれた気がしたからだ

マサオ「じゃ風間んち行くぞ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:36:09.06 ID:nIP6hS1nO
マサオだけが激しく脳内債製される


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:36:31.66 ID:lMa+hETH0
風間家に到着


マサオ「しんのすけ、カバン置いて帰っていいぞ」


しんのすけ「…………えっ?…………」


マサオ「聞こえなかったのか?帰れって言ってんだよ」


しんのすけ「…一緒に……遊ぶんじゃなかったの?…………」


風間「誰が遊ぶって言った?誰が入っていいって言った?赤の他人なんていれるわけねーじゃんw」


マサオ「そういう事だから早く帰れよきめぇなwww」


しんのすけ「…ボーちゃん………」


ボーちゃん「話しかけんな気持ち悪い」


しんのすけはマンションから外へと駆け出した


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:38:14.25 ID:lMa+hETH0
しんのすけの目から大粒の涙が溢れた


しんのすけ「…なんで……なんでマサオ君も風間もボーちゃんも…、オラの事を虐めるんだぞ…」


涙が溢れ出して止まらない
しんのすけは信じていたかった
3人とも昔のようにまた友達になってくれると
そしてまた楽しく遊べる日がくると
だがしんのすけ自身、もうそんな日はこないことを心の奥底で分かっていた…


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:40:01.90 ID:lMa+hETH0
その時、急に大雨が降ってきた
そういえば朝の天気予報で雨だと言っていた


しんのすけ「……………」

大雨のせいでもう涙なのか雨なのか分からなくなっていた


しんのすけ「…………帰ろう…」


しんのすけは走り出した


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:41:38.85 ID:lMa+hETH0
野原家玄関前

しんのすけは涙と雨で濡れた顔を拭った
それは、家族には心配をさせたくないという思いの表れでもあった

しんのすけ「……………」

ガチャッ


しんのすけ「ただいまらかすー!!」

みさえ「小学6年生にもなって……ただいまくらいちゃうとしなさいこのお馬鹿!!」


しんのすけは家では明るく振る舞っていた


みさえ「もう少しでご飯出来るから先に着替えてきちゃいなさい。その格好じゃ風邪引いちゃうわよ」


しんのすけ「ほほーい」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:44:24.48 ID:lMa+hETH0
服を着替えるしんのすけ

みさえ「しんのすけー、ご飯出来たわよー」

しんのすけ「今行くぞー」


今日の晩ご飯はピーマンとお肉の炒めもの


しんのすけ「ええー、なんでピーマン入ってるのー」

ひまわり「しんちゃん好き嫌いしちゃいけません!!」

ひまわりももう小学生になっている

しんのすけ「いちいち母ちゃんのマネすんなー!!」

ガチャッ


ひろし「ただいまー」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 07:45:52.07 ID:El1g/Zcb0
ひまわりの声が想像できんwww


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:46:47.25 ID:lMa+hETH0
みさえ「おかえりなさい貴方」

しんのすけ・ひまわり「おかえりんごー」


ひろし「おう!ただいま!!。……おっ、今日は炒めものか。久々にみんなで晩飯食うか!!」


しんのすけ「わーい!!」


久しぶりの一家団欒
しんのすけは幸せだった


ひろし「今日仕事で川口がドジ踏んじゃってさー。俺まで怒られちまったよ」

みさえ「川口さんたらw、相変わらずねえ」


話が弾む


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:48:20.26 ID:lMa+hETH0
ひろし「そうだ、しんのすけ。学校の方はどうだー?」


しんのすけ「…うん!!、楽しいよ!!オラ学校じゃ人気なんだぞー!!」


ひろし「凄いじゃないかしんのすけ!」


みさえ「最近風間君とかマサオ君に会ってないわねー。元気にしてる?」


しんのすけ「う、うん!毎日元気に騒いでるぞ!!今日は……学校帰りに風間君・マサオ君・ボーちゃんと仲良くゲームやってきた!!」

心が痛んだ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:50:10.05 ID:lMa+hETH0
しんのすけ「……オラもうご飯はいいや…」

みさえ「あら、もういいの?」

ひろし「体調でも悪いのか?…………今日はゆっくり休んどけ」

しんのすけ「うん………そうする…。とりあえずテレビ見よ…」


テレビをつけるとタイミング悪く虐め問題についての番組が流れていた

「いじめる方が100%悪いですよ」

「いじめられる方にも少なからず原因があるものですよ」

「いじめられている方は少しでもいいから努力すべきです」

しんのすけはすぐにテレビを消した


しんのすけ「お前らなんかにオラの気持ちは分からないぞ…」



それを見ていたひろしが言う


ひろし「………しんのすけ。久しぶりに父ちゃんと風呂入るか」

しんのすけ「………うん」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:52:54.53 ID:lMa+hETH0
風呂場
ひろし「ふぅ。やっぱ風呂は気持ちいいな!!」
しんのすけ「………………」

ひろし「…………何かあったのか?」

しんのすけ「べ、別になにもないよ。ちょっと体調が悪いだけ…」

ひろし「…1つ話をしてやるか」

しんのすけ「………どんな話?」

ひろし「俺な、子供の頃…虐められてんだ」
しんのすけ「!?」
ひろし「虐められた理由はただ気に入らなかったってだけだった。しかもクラス全体からでな。正直死ぬほど辛かったよ…」
しんのすけ「………………」

ひろし「毎日泣いてた。でもな、ある時それを親父が知って顔が変わるくらいまで殴られたよ」

しんのすけ「………」

ひろし「なんでもっと早く教えなかった。1人で悩むんじゃねえ。家族だろって怒鳴られてな」
しんのすけ「……」
ひろし「……俺はお前に何があったのかは分からない。何かがあったのかすらもな。でも、もし何かあるんだったら父ちゃんに相談しろ!!俺達家族なんだから」
しんのすけ「…」
ひろしのその言葉を聞いてしんのすけは泣きそうになったが必死にそれを堪えた
こんなに心配してくれているひろしに、これ以上の心配をかかせたくなかった


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:54:21.11 ID:AA/nUBEFO
いい父ちゃんだな


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:54:22.66 ID:7r/m7FHF0
(´;ω;`) ブワッ


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:54:52.16 ID:lMa+hETH0
風呂から出た2人


みさえ「長かったわねぇ。何話してたの?」


ひろし「ちょっと………男同士で秘密の話をな」


みさえ「あらそうなの。しんのすけ、調子悪そうだからもう寝ちゃいなさい」


しんのすけ「うん…そうする。…………父ちゃん、おやすみ…」


ひろし「ああ、おやすみ」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:54:57.60 ID:QNtgYTjvO
ひろしかっこよすぐる


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:56:55.11 ID:lMa+hETH0
しんのすけが幼稚園時代特に使われていなかった二階の空き部屋
そこはしんのすけの部屋になっている


しんのすけ「はぁ………明日も学校か………」


しんのすけの精神は既に限界に近かった


しんのすけ「………オラ…………、どうしたらいいんだろ………」


涙で枕が濡れる
しんのすけはそのまま寝てしまった


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 07:58:13.45 ID:lMa+hETH0
翌日

みさえ「しんのすけー!!起きなさーい!!」


しんのすけ「…やだ……」


みさえ「やだじゃないでしょ!!ずる休みなんて絶対許さないわよ!!」


そういうとみさえはしんのすけを叩き起こした


しんのすけ「やだ!!絶対行かない!!!!」


その時玄関を叩く音がした
それに気づいたみさえが玄関へと行く


みさえ「はーい。どちら様ですか?」


風間・マサオ・ボーちゃん「しんのすけ君いますかー?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:01:02.23 ID:lMa+hETH0
みさえ「あら!?マサオ君に風間君にボーちゃんじゃない!!」


風間「しんのすけ君のお母さん、お久しぶりです」


マサオ「しんのすけ君いますか?一緒に学校行こうと思いまして…」


みさえ「いるにはいるんだけど、行きたくないとか行ってて…」


マサオ「………しんのすけ君そんな事言ってたんですか?…」


みさえ「ごめんなさいねぇ…。今すぐ呼んでくるから」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:03:29.85 ID:lMa+hETH0
みさえ「しんのすけー!!マサオ君達が迎えに来てくれたわよー!!」


しんのすけ「!?」


震えだすしんのすけ


マサオ「おーい!!しんのすけー!!早く学校行こうぜー!!」


恐さの余りしんのすけはすぐさま玄関へと向かう


しんのすけ「マ…サオ………君…。ちょっと…待ってて…」


マサオ「いつまででも待ってるよ」


みさえ「気をつけて行ってらっしゃい」


しんのすけ「…行ってきます……」


これが自分としんのすけの最後の会話になることを、まだみさえは知らなかった


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:05:46.21 ID:NcyexKKdO
>>105
俺もう涙出そうなんだけど...。


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:04:31.32 ID:Rvn3WFJ3O
なんという鬱展開


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:04:33.45 ID:/GZMiwg90
最後の会話・・・だと・・・


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:05:14.67 ID:MC2AuUtN0
急に欝展開・・・・

クレしんってなんでこんなダークな話と合うんだろ


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:06:27.62 ID:7r/m7FHF0
>>114
普段とのギャップじゃね?


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:05:25.81 ID:lMa+hETH0
マサオ「オイ、しんのすけ。てめぇ自分の母親に何話した?」

しんのすけ「な、何も話してないよ……」


マサオ「学校休みてえとか言ったらしいじゃねえか。何俺達のせい?」


しんのすけ「ち、違うよ。マサオ君達のせいじゃないよ。たんに体調が悪かっただけだよ……」


マサオ「へぇ…。体調悪いんだ?じゃ俺達のカバン持ってもらおうかな」


しんのすけ「………わかっ…た…」


風間「落とすなよな」


ボーちゃん「早く持てグズ」


そういうと3人は学校へと走っていった
もうそこに、『友達』なんてものは微塵も無かった

しんのすけ「もう…………無理だ………」


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:07:34.95 ID:lMa+hETH0
しんのすけはカバンを置き、自宅へ向かって歩き出した

ひろしが言っていた言葉をしんのすけは忘れてはいない

しんのすけは今幼稚園時代を思い出していた

沢山の思い出が頭の中を駆け巡る

みさえやひろしに沢山迷惑をかけてしまった事を後悔していた

だからこそ、もう自分の事でこれ以上迷惑をかけたくない

もう自分の事で2人に心配をかけたくない


しんのすけ「ごめん…父ちゃん……母ちゃん…」


127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:09:39.09 ID:lMa+hETH0
自宅へ到着

ガチャッ

しんのすけが玄関を開ける
みさえは買い物に出かけたらしい

しんのすけは真っ先に机に向かい、何かを書き始めた

書いてる最中に涙がこぼれる
しんのすけは思いの丈を手紙にぶつけていた

書き終えるとしんのすけ左手に手紙を持ち、台所へと向かった


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:11:52.94 ID:Zb0OrLf7O
みさえいるだろ?止めろ~


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:12:17.24 ID:lMa+hETH0
台所に置いてある包丁を手に取る


しんのすけ「今まで…父ちゃんや母ちゃんに迷惑かけてばっかりだったなぁ…。…父ちゃん……母ちゃん………………今まで……ありがとう」

しんのすけはニコリと微笑みそう言うと、包丁を自分の胸に勢いよく刺した


そして、しんのすけが喋る事はもう二度無かった


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:12:32.90 ID:PNEhb4HcO
うわあああああああああああああああああ


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:13:24.64 ID:qHdsp+kyO
うわ、鬱だー


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:13:37.17 ID:lMa+hETH0
2時間後
みさえが買い物から戻ってきた
食べ物を冷蔵庫に戻すため、すぐさま台所へと向かう
そして、みさえはしんのすけが倒れていることに気づく


みさえ「しんのすけ!?」


みさえ「しんのすけ!!起きてしんのすけ!!」


突然の出来事に混乱するみさえ
みさえはすぐにひろしに電話した


みさえ「貴方!?しんのすけが大変なの!!すぐきて!!」

泣きながら電話をした


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:13:49.08 ID:nL79Uxc30
小6で自殺ENDはねーよ・・・無茶すぎ


151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:13:58.09 ID:GUb6QBqBO
その包丁で復讐エンドとかのがすかっとするのに…


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:14:13.01 ID:wh6xoyaCO
そういえばしんちゃんの未来といえばシロの最期みたいなフラッシュがあったな…
同じ鬱でもあれは心温まる鬱だけど


166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:16:12.98 ID:Gr+A125gO
>>154
これか?
ttp://moemoe.homeip.net/i/index.php?ac=view&aid=4333


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:18:20.35 ID:wh6xoyaCO
>>166
そうそうそれそれwwwwwwww
それまで悔し泣き以外した事なかった俺がそのフラッシュで初めてボロボロ泣いた


160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:15:09.81 ID:Zb0OrLf7O
買い物は偶然だったのか
本当はみさえに泣きつきたかったんじゃないのか
そんな…これは


162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:15:13.48 ID:lMa+hETH0
ひろしが家と到着した


ひろし「しんのすけが大変ってどういう事だ!?」


みさえ「とにかく台所に来て!!」


亡くなったしんのすけをひろしが見る


ひろし「おい…、しんのすけ!?おい!しんのすけ!!」


ひろし「みさえ何があったんだ!?」


みさえ「分からない!!分からないの!!買い物から帰って台所に行ったらしんのすけが倒れてて!!」

泣きながら答えるみさえ
その時、ひろしがしんのすけの左手で握られている手紙に気づく


171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:17:38.11 ID:lMa+hETH0
手紙には平仮名で大きく「遺書」と書かれていた

「父ちゃん、母ちゃんへ
父ちゃん母ちゃん、今までありがとう…
今まで沢山…迷惑かけてごめんなさい…
父ちゃんや母ちゃんに迷惑かけたくなかったから言わなかったけど、
最後に一回だけ迷惑かけさせてください…
実はオラ…いじめられてました…

誰かは言いません…

辛かったです…

でも、その人達を責めないでください…

その人達は…オラの大切な友達だから…
最後に…
こんな親不孝なオラをここまで育ててくれてありがとうございました…

死ぬときまで迷惑かけて…

本当にごめんなさい…

オラ、今まで楽しかった…

父ちゃんと母ちゃんの子で本当に良かった…

今まで本当に…………ありがとう………」


175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:18:49.02 ID:19VBdTo/0
鼻水たらしまくりなボーちゃんもこのスレのシンノスケの立場になる危うさはあるよな・・・


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:19:03.54 ID:lMa+hETH0
しんのすけは風間・マサオ・ボーちゃんを殺そうとはしなかった
どんなに虐められても
きっとまた仲良くなれるから
きっとまた友達になれるから
生まれ変わったら…また会えたらいいなぁ

しんのすけの死体は、とてもニッコリと笑っていた


ひろし「なんだよこれ……。迷惑?…ふざけんな!!なんで迷惑なんだよ!!……俺達はしんのすけの為だったら何だって出来るのによお…

みさえ「……………………」


2人の目からは涙が溢れていた


182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:19:22.00 ID:/GZMiwg90
もう駄目だ・・・しんのすけ・・・


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:20:40.20 ID:lMa+hETH0
ひろし達は涙が枯れるまで泣いた


ひろし「あの時…、俺がもっとしんのすけの話を聞いてりゃこんな事にはならなかったんだ!!」

みさえ「私が……、私がもっとしんのすけの事をよく見てればこんな事にはならなかった……」

お互いが自分の事を責めている

その時、一本の電話がきた


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:22:14.16 ID:lMa+hETH0
それは学校からのものだった
しんのすけ君が来ないとの連絡だった

ひろし「ふざけんな………、しんのすけは…しんのすけはてめぇんとこの学校の生徒に虐められて自殺したんだよ!!」

荒々しい口調で言う

先生「!?」

先生「もしかしたら……」

ひろし「何か知ってるのか!?」

先生「いや、さっき遅れてきた男子生徒と関係あるのかもと思って…」

ひろし「そいつらの名前は!?」

先生「風間君にマサオ君にボーちゃんですが…」


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:23:42.21 ID:lMa+hETH0
2人は驚いた
その3人は幼稚園時代のしんのすけの親友とも言えるメンバーだったからだ

そこでみさえがハッと息を呑んだ

みさえ「朝3人がしんのすけを迎えに来たわ。今考えると、しんのすけはおびえてる感じだった……」

ひろし「まさか…、じゃあしんのすけはその信じてた仲間に裏切られたっていうのか?…」

みさえ「……………」

ひろしが電話を切った


199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:23:44.15 ID:07oktSbXO
>>188
ひろし「ところがぎっちょん!」


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:23:48.67 ID:GUb6QBqBO
ひろしの復讐、期待しちゃいます☆


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:26:08.72 ID:pfX/AffqO
ヒロシが怒りでトランスフォームするのか…


208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:26:21.96 ID:lMa+hETH0
ひろしの中で何かが切れた


ひろし「みさえ……、お前はしんのすけのいない世界に未練なんてあるか?」

みさえはひろしがこれから行う事が分かった
その上でみさえは返答した


みさえ「………ないわ!」

ひろし「決まったな…」


みさえ「でもひまわりはどうするの?」


ひろし「ひまわりは関係ないさ。それにひまわりをこんな事に巻き込んだら天国にいるしんのすけに怒られちまうよ」


みさえ「…じゃあひまわりは隣の叔母さんに預けましょう」


そう言うとひろしとみさえは包丁を持ち車へと乗った


211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:27:29.38 ID:ngmrH8e30
一番の被害者はひまわりと隣のおばさんじゃねえかw


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:27:52.87 ID:SxK6+pWa0
ひまわり可哀想じゃねーかw


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:28:06.46 ID:wE11YCbbO
ひまわり関係ないとかひどいwwwwww
まぁあの家族は色んな意味でしんのすけが中心だからなぁ・・・そうなるのか


231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:28:22.96 ID:lMa+hETH0
学校へと到着

すぐさま教室へ向かう2人
教室に着くと風間とボーちゃんの笑い声が聞こえてきた

ひろし「しんのすけが死んだってのに大笑いか」

みさえ「行くわよ」
教室へと乗り込む2人
一瞬にして静まり返る教室

風間「しんのすけのお父さん!?」

ひろし「よくもウチのしんのすけを殺してくれたな」

包丁を風間の胸に向かって勢いよく刺す

風間は声をあげる前に絶命した


みさえもボーちゃんの胸に向かって包丁を刺した
ボーちゃんも一刺しで絶命した
ひろし「マサオは!?」
マサオの姿が見つからない
実はマサオは2人が外にいるのを見て1人で逃げていた
2人で必死になって探すが見つかるはずがなかった


232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:28:24.45 ID:2Fj+HbmIO
戦国じゃねーか


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:29:58.63 ID:/GZMiwg90
あっけなく死んでいくなwwww


241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:30:05.15 ID:lMa+hETH0

ひろし「ちくしょう!!マサオが見つからない!!」

騒ぎに気づいた先生達が集まってきた

ひろし「…………逃げるぞ、みさえ」

みさえ「逃げるってどこに!?」

ひろし「どこって家だよ。死ぬならしんのすけと一緒に暮らしてた場所で死にたいだろ」

みさえ「………そうね」

微笑む2人
包丁を振り回しながら外に出、車へと乗る
すぐに車で自宅へと向かった

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:30:29.13 ID:AQSI8XXUO
ここにきてマサオの本領発揮だな


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:31:38.96 ID:lMa+hETH0
自宅へと到着


すぐさま2人は家に火をつける

ひろし「しんのすけ、聞いてるか?」

死体のしんのすけへと話しかけるひろし

ひろし「謝るのは俺達の方だよ。俺達はお前に何にもしてやれなかった…」

みさえ「そうよ。私達はしんちゃんから沢山の幸せを貰ったわ…」

ひろし「しんのすけ。俺達はしんのすけがやることに迷惑なんて思ったことないぞ…。」

みさえ「しんちゃん。今までありがとう…」

火が2人を包み込む

ひろし「今行くぞ………。しんのすけ………」


この後、2人は焼死体として発見された


264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:32:30.21 ID:jNjZVmwXO
うわああああああああああああああああ


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:32:54.11 ID:wh6xoyaCO
死体が2人分…だと……?


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:33:04.38 ID:lMa+hETH0
事件から10年後

生き残ったマサオは、仕事で知り合った女性と結婚していた
マサオは幸せの絶頂だった


しかしそれから一週間後、マサオはこの女性と共に死ぬこととなった


死因は2人とも、包丁で胸を刺されたというもの

マサオの死体は恐怖に歪んだ顔だったが、女性の方の死体の顔はニッコリと微笑んでいた


終 わ り


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:33:22.43 ID:9hSgSvkrO
終わったwwww


303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:36:06.49 ID:/GZMiwg90
すごい救いのない話だったなwww
とにかく>>1乙


316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 08:38:04.12 ID:Huvjgfl70
裁判に持ち込む以前に殺しにいくってすごい行動力だ・・・


317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:38:06.41 ID:9hSgSvkrO
最初は欝だったけど
なんかすがすがしい終わり方でよかった


333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [] :2009/02/27(金) 08:42:42.09 ID:oaLj/CnD0
鬱な気分のままスレ閉じた奴が多数いる模様w


375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [↓] :2009/02/27(金) 12:16:42.01 ID:kyCSPrg50
ひろし「始めようじゃねーか。人殺し同士によるとんでもねえ戦争をよお」
スポンサーサイト
[ 2009/02/27 23:08 ] SS | TB(0) | CM(2)

マサオが結婚したのはひまわりで、ひまわりがマサオを殺してから自殺したってことでええの?
復讐はキッチリ果たしたってか。
[ 2009/02/28 04:24 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/08/10 12:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://moesokuvip.blog56.fc2.com/tb.php/13-93052c59









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。